本日キャンセルあり、1名のみ参加受付中!

このページに来ていただき
ありがとうございます。

2ヶ月で10万部のベストセラーとなった「自分を愛する技術」の著者 加藤秀視さんと

その編集プロデューサーである長倉顕太さんによる特別企画

「自分を愛する技術 実践プログラム」サポートメンバーの
後藤と申します。

〇〇先輩の自殺

2013年3月19日。

大学病院で看護師として働いていた私は
夜勤のため、いつものように夕方頃
病棟に向かいました。

そして病棟の責任者である師長から
突然、衝撃の事実を聞かされます。

「落ち着いて聞いて欲しいんだけど
○○さんが自宅で亡くなっていたと
ご家族から病院に連絡が入りました」

一瞬何を言われているのか分からず
その事実をすぐに受け止められなかったことを
今でも鮮明に覚えています。

そして、その後の数ヶ月は、悲しみや切なさや
怒りや苦しさといった、
様々な感情が入り混じった状態が続いたのです。

人の命を守る看護師、しかも自分のとても身近で
お世話になった先輩が、自ら命を絶ってしまう

という衝撃の体験でした。

しかし、あとで冷静に考えてみると、その頃
仕事や人間関係などに追われて辛そうにしている
先輩看護師の姿が思い出されます。

また、これは先輩だけでなく、自分を含めた他の看護師にも
共通していることではないか、と気づきました。

仕事やその人間関係などの悩みで追い詰められて
ある意味、患者よりも心が病んでいる看護師が大勢いる
という現実を、改めて思い知らされたのです。

自分を大切にできない
多くの看護師

実はこれは、事件が起きる前から薄々感じていたことです。

秒刻み、分刻みで仕事をこなして
夜勤など不規則な生活をしながら

疲れ顔の看護師が、逆に患者さんから心配されて
声をかけられている姿を見ることも
しばしばありました。

もちろん、こちらは笑顔で接しますが
近くにいる患者には分かってしまうのです。

患者の命を守り、患者の元気の源になるはずの看護師が
そんな状態で働き続けている。

先輩の自殺をきっかけで抱いた疑念は、

自分の身体や心すら大切にできていない看護師が本当に多く、
そんな看護師が、人のことを心から大切にすることが果たしてできるのか、

ということです。

「自分を愛する技術」
との出会い

そんなとき、ある一冊の本と出会います。

この本を読んで、看護師だけでなく現代人が

いかに自分を大切にすることを忘れているか

そして、

いかに自分を愛することが大事か

ということを痛感しました。

それが加藤秀視さんの著書
「自分を愛する技術」です。

今は、看護師に限らず、仕事や人間関係に追われて
自分のことを、ないがしろにしてしまう人が
増えています。

毎年多くの自殺者がいることや
うつ病などの精神疾患が増え続けているのは
その表れの1つと言えます。

厚生労働省の統計では、2008年から14年連続で
年間3万人を超える自殺者がおり、

近年やや減少傾向にはあるものの、昨年2016年は
1年間で21897人もの人が、自ら命を絶っているのです。

また、うつ病で治療を受けている患者は100万人以上。
治療を受けていない人を含めると270万人にも達する
という推定調査もあります。

精神疾患全体に至っては、医療機関で治療を受けている
患者数が2015年のデータで853万人にも及んでいます。

また、2015年に大手企業に努める若い女性社員が
100時間を超える残業で自殺してしまった問題も
強く記憶に残っているかと思います。

「常識」や「正しさ」
縛られる現代人

ではなぜ、これほど自分のことを大切にすることが
できなくなっているのでしょうか。

それは、世の中に広がっている

「常識」や「正しさ」

に多くの人がとらわれているからです。

例えば

  • 「人の期待に応えないと見放されてしまう」
  • 「みんなと一緒でないと自分はおかしい」
  • 「会社を辞めると生きていけない」
  • 「お金を稼ぐのは困難だ」
  • 「自分のやりたいことで生きていくのは難しい」

これらは一見、常識や正しいことに思えるかもしれませんが
実は、現代社会が私たちに植え込んだ「虚像」や「幻想」
ばかりなのです。

これが真実だと信じてしまい、

「〜してはいけない」とか「〜するべき」

という思い込みや偏見をもつことは、

私たちの心を縛り付け
行動を制限してしまいます。

そして

「自分に価値が感じられない」
「自分は必要のない存在なのではないか」

などと、自分を価値のない存在だと思い込むようになります。

その結果、多くの人が
満たされない人生を送っている
のです。

増え続ける
セミナーマニア

実は私も、満たされない人生から抜け出したいと思い
悩んだあげく、いろいろなセミナーや研修を受けてきました。

例えば

「自分の好きなことで成功する方法」
「お金や時間から解放されるために必要なスキルとマインド」
「豊かな人生、豊かな人間関係を気づくための心理学」
「今の収入に10万円プラスする物販セミナー」
「アフィリエイトで稼ぐネットビジネスの研修」

といったものです。

このように、具体的にお金を稼ぐ方法や
人生を変える考え方、マインドなどを学んだわけですが
結局は、ほとんど何も変わりませんでした。

しかも、怖いのは、
変わってもいないのに、学んでいる最中は

不思議と満足感がある

ということです。

「学んでいること自体に満足してしまう」
「今のままの自分を認めてもらい承認欲求が満たされる」
「自分と同じような境遇にある受講者に囲まれることで安心する」

自分を含め、自分の周りでも
そんな人たちたくさん見てきました。

そして、しばらく経つと、やはり変わらない現実を嘆いて
同じセミナーに行き続けたり、また別のセミナーに足を運ぶようになる。

要するに、現実を変えられないセミナーマニアが
ただ生み出されているということです。

自分は幸運なことに、加藤さん、長倉さんと出会うことで
その中から抜け出すことができました。

そして、加藤さんや長倉さんと行動をともにするようになり
弱者を食い物にする腐った業界と戦っている2人を間近で見るうちに、

自分も世の中に本当に良いものを広めたいと思い
今では、その活動を手伝わせていただくようになったのです。

「アクションや「マインド」だけで
現実は変わらない

「今の自分の人生に満足いかない」

と感じている人は、私もそうだったように
その現状を変えるために、
「行動」や「考え方」を変えようとします。

つまり、

行動、目標設定、話し方などの「アクション」
潜在意識、アファメーションなどの「マインド」

です。

今は書店では多くの啓発本やビジネス書が並び
インターネット上でも様々な情報が流れており、

先ほどお伝えしたような研修やセミナーなども
数多く開かれているため、

自分自身を変える手法やノウハウなどを
手に入れることは簡単です。

しかし、それでも
多くの人が変われない理由として
一般的に出回っている手法やノウハウは、

この「アクション」や「マインド」ばかりが語られており
それだけでは不十分だからです。

「アクション」や「マインド」も重要ですが、
一番根底にある

「セルフラブ」

がないまま
「アクション」や「マインド」を変えようと思っても
なかなか人生は変わりません。

「自分を愛する」とは

では、

「セルフラブ」=「自分を愛する」

とは具体的にどうしたらよいのでしょうか。

「自分を愛する」とは
簡単に言えば自分を大切にする、ということですが

「自分と向き合う」

ことでもあります。

自分の良いところも悪いところも含めて
その全てと向き合って、愛することができなければ
本当の自分と向き合うことはできません。

そして、自分と向き合って、ありのままの自分を知ることで

現代社会から植えつけられた「虚像」や「幻想」

に惑わされずに済みます。

自殺してしまった先輩も、自分と向き合って
自分の現状を冷静にみていたら、「虚像」や「幻想」に
追い詰められることはなかったでしょう。

また、「虚像」や「幻想」から解放されると
私たちの心や行動が制限されることなく

「自分にもできる」
「自分にもやれる」

という自信や、実際に成果につながる
実力がついてきます。

さらに、その力を周りの人に役立てることで
より自分も豊かになっていく。

このように、自分を愛し、自分が力をつけて成果を出し、
周りにもその力をシェアすることで、はじめて
本当の豊かさを手に入れることができるのです。

セルフラブの実践

しかし、「自分を愛すること」がいかに大切であるか
分かったとしても実践できるかは、また別の話です。

得た知識を活かして自ら変化できる人もいますが
それはごく稀で、多くの人は実践することができません。

なぜなら、長年にわたって染み付いた習慣を
自力で変えられるほど、人の心は強くないからです。

今までやってきたことから抜け出すというのは
とてもエネルギーがいることで、人は必ず
楽な方へと戻ろうとします。

そこで今回、「セルフラブ」=「自分を愛する技術」を
加藤さんから直接教わることができる、実践的なプログラム
を開催することになりました。

「自分を愛する技術」
もたらすもの

加藤さんは、人財育成家や社会活動家として
今まで多岐に渡って、あらゆる活動を行っています。

例えば、2011年の東日本大震災、2016年の熊本大震災では
震災2日後には現地に入り、救援活動を行ったのも
そのうちの1つです。

100t以上の物資支援、10万食以上の炊き出し。
SNSなどで現地の情報や支援の呼びかけをリアルタイムで拡散。
たった1か月で約1300万円の支援金を収集。

Facebookで現地の情報や活動報告などにおいては
3000から4000の「いいね」や1000を超えるシェアが
瞬く間に起こっていました。

これらは、多くの人を巻き込んで
多くの人からの応援、協力が得られたからこそ
実現できたことです。

また、これを含めた数々の活動が高く評価され
2015年には、世界的な影響力を持つ

「グローバル・ビレッジ・チャンピオンズ財団」

のメンバーに、セリーヌ・ディオン、マニー・パッキャオ
マイケルジョーダンなど、名だたる著名人と肩を並べ
日本人として初めて選出されました。

元々施設で育ち、暴走族や裏社会を経るという
経歴をもちながらも、このように、多岐にわたる活動を行い
多くの結果や成果を出すまでに至ったのは

すべての根源となる「自分を愛する技術」をもっていたから

だと、加藤さんは言います。

自分を愛することから始まり、自分を豊かにして、自分を勝たせて
周りの人を巻き込んで、多くの人を豊かにして、

たくさんの応援や協力を得ることで
大きな結果や成果を生み出せた、ということです。

自分を愛する技術
実践プログラム詳細

このように「自分を愛する技術」を実践して自らを変え、

といった、あらゆるジャンルの人の変化や成長にも携わってきた
加藤さんによる「自分を愛する技術 実践プログラム」は

特に、非行少年少女など、もともと「変わりたくもない人」すら
変えてきた実績と経験に基づいて、

日本では5人もいないと言われるほど、高い技術をもつ
加藤さん自身がファシリテート、フィードバックを行う
この体感プログラムだからこそ、

普段からとらわれている「虚像」や「幻想」から一気に解放され、
自分と心の底から向き合い、自分を愛するということを
リアルに感じることができます。

そんな加藤さんによる、「自分を愛する技術」の習得に特化した
実践的なプログラムの開催は今回が初であり
今後開催する予定もありません。

たった1日で「自分を愛する技術」を
「わかる」から「できる」に変えて、実践する力を得られる
この限られた機会を、ぜひ逃さず手に入れてください

加藤さん・長倉さん
からのメッセージ

【現場に活かせる体感を】 加藤秀視

よく、一般的な研修やセミナーを受けても「何も変わらなかった」という声を数多く聞きます。
なぜなら、研修やセミナーの内容自体が浅かったり、学んだことを現実に結びつけられないからです。

今回企画させてもらった「自分を愛する技術 実践プログラム」では、人生を変えるために必要な「セルフラブ」をリアルに体感して、現場に直結する深い学びと気づき、そして現場にすぐ活かせる体験をしてもらえることをお約束します。

みなさんと、当日お会いできることを楽しみにしています。

【会えば一発で変わる】 長倉顕太

二ヶ月で10万部を越えた「自分を愛する技術」のプロデュースをさせてもらい、読者から「人生が変わりました」「今までの固定概念から解放されました」といった、数多くの嬉しい声をもらいました。
ただ、読者10万人全員が変化できたか、というと正直それは分かりません。

でも、加藤さんに直接会いにきた人たちが、目の前で変わっていく姿は、今まで何度も見てきました。

自分は、今まで本やセミナーを通して、本気で人生を変えたい人を変える活動をしてきましたが、何年経っても全然変わらなかった人が、加藤さんに会うだけで、一発で変わった。

そんな例もたくさん見てきたからこそ、「少しでも変わりたい」「変われなくて悩んでいる」という人は、ぜひ加藤さんに直接会いにきてほしいと思っています。

特別価格の参加費

気になる価格ですが
通常では1日20万円相当のプログラムです。

しかし、1人でも多くの人がこのプログラムを通して
今まで囚われていた偏見や思い込みから解放され
「現実に活きる」力を手にして人生を変えてほしい。

そんな加藤さんの想いから、

通常価格20万
特別記念価格12,000円

で参加できるようにしました。

さらに、
クレジットカード決済なら
特別価格10,000円

で、ご案内させていただきます。

これは、かなりの破格なので
是非この機会を逃すことなく
ご参加ください。

さらに

今回は少人数限定

VIP参加枠

もご用意しました。

プログラムが始まる前に行う
加藤さんとのランチ会に

10名限定でご招待します。

先ほどお伝えしたように
自分は、加藤さんと出会ってから大きく人生が変わりました。

加藤さんに関わらせていただく距離が近ければ近いほど
今まで自分がとらわれていた固定概念から、どんどん解放され
日々、自分の変化を実感しています。

今回のランチ会は、参加者の方が加藤さんと
より濃密に関われるよう、少人数制にしています。

先着10名となりますので、満員になる前に
早めにお申し込みください。

VIPは59,800円。

さらにクレジットカード払いでは49,800円となります。


講座詳細

日程

9月17日(日)14時から19時まで
(VIP限定ランチ会は12時〜13時まで)
※多少時間は前後する可能性がございます。

会場

東京都内
(※会場の詳細はご入金された方のみにお送りします。)

価格

一般席200,000円
特別記念価格12,000円
クレジットカード決済特別価格10,000円
キャンセルにより1名のみ受付中(クレジットカード決済のみ)

VIP席59,800円
(少人数制ランチ会に招待) クレジットカード決済特別価格49,800円
満員御礼

※本セミナーの企画・運営は株式会社長倉顕太事務所、IPS株式会社及び株式会社MARVELLOUS LABOによっておこなわれます。
※ 決済の際にご入力いただいたメールアドレス宛にご連絡させていただきます。正確にご入力ください。

追伸

ここまで読んでいただき
ありがとうございます。

人は壁にぶつかった時や選択を迫られた時

「できない理由」
「やらない理由」

を反射的に考えてしまいます。

変わりたい自分があったとしても

「自分には無理じゃないか」
「自分には才能がないからできない」
「変われないかもしれないから止めておこう」

そんな風に
言い訳とかやらない理由を無意識にチョイスして
行動やアクションがとれないのです。

是非これを読んでいただいた、あなたには
言い訳とかやらない理由などにとらわれず
今回のプログラムに飛び込んできていただければと思います。

そして、自分を大きく変えるチャンスを
ぜひ掴み取ってください。

それでは、みなさまのご参加を
心よりお待ちしています。

※本セミナーの企画・運営は株式会社長倉顕太事務所、IPS株式会社及び株式会社MARVELLOUS LABOによっておこなわれます。
※ 決済の際にご入力いただいたメールアドレス宛にご連絡させていただきます。正確にご入力ください。

■加藤秀視
マーヴェラスラボCEO 兼 主席トレーナー

能力開発トレーナー
慈善活動家

人の能力を最大限に引き出す独自の育成手法により、
業界・職種を問わず、あらゆる人の人生に劇的な変化をもたらす。
無名のアスリートを世界大会金メダル、オリンピック出場に導く、中小企業を100億円企業に育てる、少年院に出入りする非行少年少女・親子1,000人以上の問題解決を行う、数多くのビジネスパーソンや経営者を成功に導くなど、多方面で実績を残しており、各界からの評価も高い。
少年更生の様子は、フジテレビ『スーパーニュース』やテレビ朝日『スーパーJチャンネル』など、数多くのテレビ番組で特集を組まれ、人気シリーズとなっている。再犯率は、業界では異例のわずか1%未満。
トークライブでは自らのどん底の経験をもとに「人はいつからでも変われる!」というメッセージを伝える。口コミの広がりから講演依頼が絶えず、全国で年間1万人以上に対し講演を行なっている。

2011年の東日本大震災においては、震災2日後には現地に入り、物資支援100t以上、炊き出し10万食以上もの支援を行なった。2015年には、世界的な影響力を持つ『グローバル・ビレッジ・チャンピオンズ財団』のメンバーの一人として、セリーヌ・ディオンやマイケル・ジョーダンなどと肩を並べ、日本人として初となる『チャンピオンズ』に選出される。

著書『自分を愛する技術』は発売2ヶ月で10万部を超えるベストセラーとなった。

受賞歴
青年版国民栄誉賞「人間力大賞」受賞
人間力大賞準グランプリ受賞
文部科学大臣奨励賞受賞
衆議院議長奨励賞受賞
社会貢献者表彰受賞
<メディア実績>

■TV出演
・11.11.23 テレビ朝日スーパーJチャンネル 沖縄不良少年、被災地で2ヶ月・・・心に変化が!?
・11.09.23 テレビ朝日スーパーJチャンネル 沖縄不良少年、2度の少年院・・・すさんだ19歳
・10.07.19 テレビ朝日スーパーJチャンネル 21歳青年は更生できるのか?
・10.03.08 テレビ朝日スーパーJチャンネル 暴力を繰り返す中3少年、親子関係に一体何が・・・
・09.11.02 テレビ朝日スーパーJチャンネル 更生した息子が再び…原因は母子関係?
・09.07.10 フジテレビスーパーニュース 迷える母子のSOS 心をつなぐ熱血合宿
・09.05.26 テレビ朝日スーパーJチャンネル 失われた家族との絆 元暴走族社長が17歳少年を更生
・09.04.20 フジテレビスーパーニュース 摂食障害25歳の叫び 母子で踏み出す第一歩
・09.02.24 テレビ朝日スーパーJチャンネル 親に捨てられ心閉ざす22歳“憎しみ”の過去と決別
・09.01.27 フジテレビスーパーニュース ‘魂の合宿’親子の真剣勝負
・08.08.19 テレビ朝日スーパーJチャンネル 14歳少女は心開くか。元暴走族社長の言葉に母娘は・・・
・08.06.24 テレビ朝日スーパーJチャンネル 心閉ざした若者を救え。奮闘!元暴走族の熱血社長
・08.04.07 フジテレビとくダネ! “元暴走族”起業家の生き様に迫る!
・07.08.03 TBSイブニングファイブ 元暴走族“総代”社長の逆転人生 少年更生への道
他多数

■ラジオ出演
・NHKラジオ第一放送11.08.15 「鎌田寛といのちを語ろう」
・NHKラジオ第一放送ラジオビタミン11.03.21 東日本大震災被災地からの生中継
・NHKラジオ第一放送10.08.15 10代いのちの対話
・NHKラジオ第一放送10.05.05 鎌田寛いのちの対話「絶望は希望に変わる」
・文化放送10.02.07 サヘルガーデン今日の目明日の芽
・NHKラジオ第一放送ラジオビタミン09.09.28ときめきインタビュー

■雑誌掲載
・財界15.09.08 ずいひつ
・致知15.05.01 人生心得帖 心の純粋性が高まるほど、人生に必要なものが見えてくる
・刑政11.06.01 この人を訪ねて
・ダイヤモンドOnline11.04.07 震災2日後から被災地へ入った元暴走族社長の支援日誌(連載5回)
・みやざき中央新聞10.08.09 人はいつでも変われる。(連載7回)
・学生キャリア新聞 キャリアなヒト
・婦人公論09.07.22 井戸端会議
・DIME 09.07.21 DIME BUSINESS REPORT
・週刊SPA09.06.16 元ワル経営学
・八重山毎日新聞09.04.07 暴走族総長から経営者へ
・月刊庄内小僧2月号09.1.25 クローズアップ
・ぐんま経済新聞08.10.23人手勝負できる会社づくりを
・アサヒ芸能08.04.17 本バカにつける薬
・週刊現代08.04.12 いまどき泣ける『ちょっといい話』
・致知08.04.01 書評・BOOKS
・日経ビジネス08.03.17 新刊の森
・TOP POINT08.03.01 ワンポイント・レビュー
・ヘラルド朝日新聞08.03.01 トップページで紹介
・ダイヤモンド社Kei No.76 人はどうすれば変われるのか
・朝日新聞 [元ワル]仲間と企業

加藤秀視公式サイトhttp://shushi.jp/

■長倉顕太プロフィール

フリーパブリッシャー
マーケティングコンサルタント。

ベストセラー作家から上場企業まで手がける。著書に『親は100%間違っている』(光文社)、『超一流の二流をめざせ!』(サンマーク出版)など多数。1973年東京生まれ、学習院大学卒。大学卒業後、歌舞伎町で働き、その後、ギャンブルをやるために渡米。帰国後はフリーターなどを経て、28歳のときに出版社に拾われ、編集者としてベストセラーを連発。その後、10年間で手がけた書籍は1100万部以上に。現在は独立し、コンテンツ(書籍、電子書籍、オウンドメディア)のプロデュースおよび、これらを活用したマーケティングを個人や企業にコンサルティング。

無名新人をプロデュースし、ベストセラー著者に導く手腕は高く評価されている。3万部でもベストセラーと言われる出版不況の中で、半分以上の書籍を5万部以上にしてきた。また、コンテンツを活用した個人や企業へのブランディングにも定評がある。尊敬する人は音楽プロデューサーのリック・ルービン。音楽をこよなく愛し、パンク、ロック、ヒップホップ、ジャズなどクラシック以外の音楽なら何でも聴く。また、好きな作家はチャールズ・ブコウスキー、JGバラード、リチャード・ドーキンス、阿佐田哲也。また、個人の情報発信が自由への近道ということで、自らのインディーズ的な活動としては、電子書籍作家としても毎月のペースで出版中。

■主な手掛けた書籍
・怒らない技術 (嶋津 良智 著)
・「心のブレーキ」の外し方 (石井 裕之 著)
・なぜ、占い師は信用されるのか? (石井 裕之 著)
・英語は逆から学べ (苫米地 英人 著)
・なぜ、社長のベンツは4ドアなのか? (小堺 桂悦郎 著)
・略奪大国 (ジェームス・スキナー 著)
・30代でやるべきこと、やってはいけないこと (井上 裕之 著)
・クビでも年収1億円 (小玉 歩 著)
・仮面社畜のススメ (小玉 歩 著)
・不純な動機ではじめよう (原田 翔太 著)
・テトラポッドに札束を (和佐 大輔 著)
・自分を愛する技術 (加藤 秀視 著)
・ONE 「1つになる」ということ(加藤 秀視 著)

■長倉の電子書籍
第1弾:『親は100%間違っている』
第2弾:『世界観の創り方』
第3弾:『吾輩はクソである。』
第4弾:『It’s Alive ~「今を生きること」は「自分」を大切にすること~ 』
第5弾:『ギブギブギブが現実化する ナポレオン爺さんよ、さらば』
第6弾:『倦怠と賃貸と変態 「やる気」なんてないのがフツウ』
第7弾:『人生はすべて「偶然」でできている 〜スピリチュアルという幻想から抜け出すために』
第8弾:『負けるために生きる〜35歳と40歳のフリーターによる「運」にまつわるニューヨーク物語〜』
第9弾:『1984 〜人生はデリバティブでレバレッジ〜』
第10弾:『ザ・ワールド・イズ・ユアーズ〜日本人のための奴隷解放宣言〜』
第11弾:『21世紀の借金論〜お金を借りればパラダイス〜』(小堺桂悦郎 共著)』
第12弾:『デビュー ゼロからミリオネアを創る成功法則』(井上裕之 共著)』
第13弾:『副業中毒 「転職」「退職」を考えた人のためのダブルワーク入門』(市川清太郎 共著)
第14弾:『プチ教祖の秘密 この世に聞いた、あの世の仕組み「スピリチュアル商法」』
第15弾:『勃起力 「潜在意識」を発動させる連続性報酬プログラム』
第16弾:『ゲロが止まらない ギブギブギブ経済時代の「情報資産家」としての生き方』
第17弾:『人生は「外出し」で ~ニューヨーク発!ストレスをエネルギーに変える方法~』
第18弾:『どっちでもいい。どうでもいい。 ~人生がざわめく「片づけ」の嘘~』
第20弾:『非言語を言語化せよ 「情報発信」時代の非常識な成功法則』
第21弾:『電子書籍のセクシーな稼ぎ方 THE AUDIO BOOK 〜1000万部プロデューサーが教える!凡人が勝つための最強の戦略〜』
第22弾:『人生をコンテンツ化せよ 情報発信時代の「道は開ける」』
第23弾:『出会いに顔射 アクセスを最大化する人生戦略』
第24弾:『「貧乏くさい金持ち」になるな! 〜人生は「稼ぎ方」より「使い方」で決まる!』
第25弾:『編集者的人生論 〜ベストセラー編集者が教える!情報発信時代の「編集力」の磨き方〜』(中西謡共著)
第26弾:『不正論 〜「正しさ」という支配から脱出する方法〜』

<長倉顕太著『親は100%間違っている あなたの価値観を破壊する33のルール 』(知恵の森文庫)>
http://www.amazon.co.jp/dp/4334786901/

<長倉顕太著『超一流の二流をめざせ!』(サンマーク出版)>
http://www.amazon.co.jp/dp/4763134868

<長倉顕太公式サイト>
http://kentanagakura.com/
(無料メルマガ「ナガクライズムレター」配信中)

※本セミナーの企画・運営は株式会社長倉顕太事務所、IPS株式会社及び株式会社MARVELLOUS LABOによっておこなわれます。
※ 決済の際にご入力いただいたメールアドレス宛にご連絡させていただきます。正確にご入力ください。